コンサート等のレビューです。
神秘的な光を放つ、ほたるいか。毎年春先から初夏にかけて、多くのほたるいかがやって来くる滑川の海は国の特別天然記念物に指定されています。その神秘的な光をテーマに新しい街づくりのビジョンとして「ときめき かがやき ひかりの街 なめりかわ」をキーワードに掲げる滑川の地において、国内外で活躍する三味線演奏家の第一人者、西潟昭子と彼女が代表を務める邦楽専門の教育研究機関、現代邦楽研究所で学んだ若き気鋭の演奏家による邦楽コンサートを開催いたしました。
音楽や美術の世界において現在、日本の伝統文化が注目されています。それは単に懐古趣味や時代の揺り戻しではなく、日本固有の伝統的な思想や美意識、技法を基に新しい表現や創作を行い、グローバルに情報発信いくことに価値が置かれています。そのことを通じて現代に生きる我々自身がときめき、そして、かがやくことが昨今言われる「心の豊かさ」の内実ではないでしょうか。今回のコンサートでは、古典の名曲から古典作品のエッセンスを抽出して作られた現代作品を演奏を通じて、聴く人1人ひとりがときめき、かがやいていただければと願いをこめました。
■開催日 11月9日(日)
■開 場 13:30
■開 演 14:00
■会 場 滑川市立博物館(富山県滑川市開676番地 076-474-9200)
■主催・問合せ先

(財)滑川市文化・スポーツ振興財団(076-476-9120)

■演奏
西潟昭子(箏/三絃)
吉原佐知子(箏) 野澤佐保子(箏/十七絃)
野澤徹也(三絃) 山口賢治(尺八)
■プログラム
1. 「三つのパラフレーズ」 

沢井忠夫 作曲
箏1:吉原佐知子 箏2:野澤佐保子
2. 「布袋軒鈴慕」 
尺八古典 本曲
尺八:山口賢治
3. 「ジャワリ」 
玉木宏樹 作曲
三絃1:西潟昭子 三絃2:野澤徹也
4. 楽器(箏、三味線、尺八)紹介コーナー
5. 古典「さらし」 
深草検校 作曲
箏:西潟昭子 吉原佐知子 野澤佐保子
三絃:野澤徹也  尺八:山口賢治
6. 「箏三絃二重奏曲」  杵屋正邦 作曲
三絃:野澤徹也 箏:野澤佐保子
7. 「いちめんの菜の花」  玉木宏樹 作曲
三絃:西潟昭子 箏:吉原佐知子 尺八:山口賢治